Life Itself

生活そのもの

伊賀航ショー

早朝、赤ん坊が号泣して起きた。仕事だったのでまだ寝たかったのだけれど、赤ん坊は泣き止まず、そのあと妻が対応してくれても泣き止む気配も再び寝る気配もなかった。
昨夜は睡眠障害の症状が出てなかなか寝付くことができなくて、寝てもすぐに起きるということを繰り返し、ちゃんと寝ることができたのは4時過ぎだったと思う。一昨日に引き続き、昨日もあまり寝ることができなかった。
赤ん坊はたぶん暑くて起きたのだろう。昨夜はクーラーをつけて寝たが、タイマーで消えるようにセットしておいたから、朝は暑かったはずだ。しばらくは赤ん坊の睡眠も安定しないかもしれないので、別の部屋に寝るなど検討した方がいいかもしれない。妻が喉が痛くなったと言っているし、このままだと家族共倒れになってしまう。


2日連続睡眠不足の状態での仕事だったが、そこまで忙しい一日ではなかった。
仕事が落ち着いた時間帯から、細野晴臣Daisy Holiday!を聴きながら仕事をしようと思ったのだが、先週のDaisy Holiday!があの伊賀航さんがまわす回、伊賀航ショーで、あまりにも面白くて何度も吹き出しそうになったから途中で聴くのをやめた。さすがに仕事中に吹き出してはマズい。 始まりが「こんにちは。伊賀航です。今もベースを弾いています。」次に、令和に「あやかって」宇多田ヒカルの曲が一層好きになったという話。「LAです。いや、ロサンジェルスです。」よく噛むし、いちいち引っかかって、その引っかかりが面白い。
『音楽のまわり』ではとても素晴らしい文章を書いていた伊賀航さん。あんなに素敵な文章を書くのに、話すととても面白い。いや、あんなに素敵な文章を書くし、話してもとても面白い、か。伊賀航さんは、細野さんバンドで愛されている感じが伝わってくる。ライブを見ているとわかるが、バンドメンバー同士で話すのを聴いて、ステージで観るまんまなんだと思ってなんだか嬉しかった。


ちょうどcircleのライブのリハのためにバンドメンバーで集まっていたらしく、それで伊賀航ショーだったらしいのだが、ラジオを聴いてまたcircleのライブのことを思い出す。もうあれから1週間経ったのか。circle直後の日記でも書いたように記憶しているけれど、今回の細野さんのライブでも伊賀航さんのベースはすごく良かった。今の細野バンドを初めて見たとき、最初は伊藤大地くんのドラムに驚いて、門司ブリックホールでは漣さんの弦楽器の演奏に魅了されて、最近はもっぱら伊賀航さんのベース。
次は冬にわかれてのライブで伊賀航さんのベースを聴く予定。伊賀航さんが作った曲も生で聴けるだろう。
 

寝苦しい夜

暑い。夜も暑すぎて寝苦しい。


寝苦しいのは赤ん坊も同じことで、体温調節機能がまだ未発達な分、僕らよりも暑さを感じていることだろう。昨夜は僕と妻の間で寝ていたのだが、寝苦しさからか3時か4時半くらいに起きてずっと僕と妻の間を行き来していた。たいていは数十分もすれば寝るのだけれど、相当寝苦しかったのか朝までずっとその調子で、その結果今日は家族揃って寝不足となった。クーラーをつけてもいいのだけれど、クーラーをつけて寒くなりすぎてもいけないと思い、昨夜まではつけていなかった。だが、タイマー機能を使って今日からクーラーをつけた方がいいのかもしれない。
この時期は僕にとっても辛くて、昨夜は持病の症状の1つで全身が震えて起きたし、今日は耳鳴りが頻繁に発生している。完全に夏になってしまえばまだ楽なのだが、この夏への過渡期、そしてこれからやってくる梅雨の時期というのは苦手だ。


日中家にいる時、赤ん坊はタンクトップで過ごしている。赤ん坊の体型にタンクトップを着ると、なんだかおっさんみたいに見える。それはそれでかわいくはあるのだが、むちむちの腕とポッコリと出たお腹。そんなタンクトップ姿は、自分で言うのもどうかとは思うが、僕とそっくりだ。完全なる中年おっさん。体だけ見ればビールがよく似合う。
そういえば、赤ん坊に特有の腕のむっちり線(なんというのか知らない)だが、徐々に目立たなくなってきているように見える。はいはいで部屋中を動き回るようになって、だいぶ体が締まってきたからだろう。この腕のむっちり線は、気づけばなくなっているらしい。むっちり線好きなんだけどなぁ。

2019/05/24

昨夜赤ん坊が寝た後に日記を書いたら仕事と赤ん坊の寝かしつけの疲れが出たのか、うとうとと寝てしまい、気づけば妻が帰ってきていた。歯磨きをしてそのまま就寝。寝かしつけなんて毎夜のことではあるが、僕一人だとこんなにも大げさに一大イベントのようになってしまう。赤ん坊も僕も妻依存症だ。


山下達郎のライブの抽選に外れ、がっくりしていたところ、期間限定で山下達郎 LIVE PERFORMANCEが再上映されていることを知った。今まで一度山下達郎のライブには行ったことがなく、動く山下達郎を見たこともたぶん一度もないので、初めてBob Dylanのライブを観に行ったときのような感覚で映画館へ行った。


初めての山下達郎はとても魅力的だった。歌がめちゃくちゃ上手い、カッティングギターがえげつなくカッコいいなど、おそらく誰もが感じるだろうところもそうだが、ステージ上の山下達郎は思っていた以上に熱量があって、お茶目だった。いつも置いてあるゴジラのフィギュア、ハーシーズのチョコシロップ、子供用と思われる小さなタンバリン。いつそのタンバリンを使うのか、ただの飾りかと思っていたら最後の方で使っていた。『アトムの子』でドラえもんの歌を歌うところ。『アトムの子』は、映画の中で最も印象に残った曲の1つ。あとは、2012年のライブで、『希望という名の光』のMCで東日本大震災のことについて触れた後に、ウディーガスリーの『This Land Is Your Land』を日本バージョンに変えて歌い、その後曲が終わるまでの展開が素晴らしく良かった。


この映画はたぶんパッケージとしては販売されないだろうから、もう一度行ってみたい。


ライブに行きたい思いは募るばかりだ。もう諦めたつもりだったが、キャンセル待ちとリセールにもかけてみようかな。  

赤ん坊と留守番

今夜は妻がエンドゲームを観に行くため、赤ん坊と2人でお留守番。公開からだいぶ日が経ってしまい申し訳ないが、それまでの間に、まだ観ていなかったアベンジーズのシリーズのほとんどを観た上での鑑賞になったので、結果的には良かったのではないかと思う。


妻が家を出たのが20時半で、すでに寝かしつけの時間だった。たいていは授乳しながら寝落ちることが多いのだが、今夜はそれができないので、なんとかして寝かしつけないといけない。
20時半の頃はまだ元気に部屋の中を動き回っていて、眠たそうな感じも全くなかった。とりあえず15分くらい気がすむまで遊ばせた。気づけばあと10日もすれば生後11ヶ月だ。赤ん坊を見ながら、去年の今頃は臨月を迎えるくらいの時期で、臨月を迎えることができた安心感と、赤ん坊が生まれることの緊張感が出てきはじめた時期だったように思う。日記を読み返せばわかることだけれど。それがもう11ヶ月。赤ん坊というか、もう立派な子どもである。
最近は緑の寝巻きを着させていて、何か物を掴んではちぎったり放り投げたり舐めたり、そして挙げ句の果てには叫んだり。アベンジャーズで言えば、完全にハルクである。髪の毛や眉毛がしっかりと生えているので、顔もなんだか似ている。ただ、僕も妻も一押しはガーディアンズオブギャラクシーのベビー・グルートで、ほぼ毎日ようにVol.IIの冒頭のMr.Blue Skyのベビー・グルートのダンスシーンをリピートして観ているのだが、最近赤ん坊のベビー・グルートへの反応が良くなってきている。というのか、ベビー・グルートが踊りだすと、赤ん坊も膝を屈伸させて体を上下して一緒になって踊り始めるのである。顔や行動やハルクだが、踊るところはベビー・グルート。いや、ベビー・グルートも結構えげつない行動をする。ハルクからベビー・グルートに進化したのかもしれない。ハルクが嫌いなわけではない、ただベビー・グルートが好きなだけだ。


20時50分くらいに布団のある部屋に入った。部屋に入ってからもしばらく遊んでいたのだけれど、途中あくびをして目をこすり始めたので、寝かしつけようと部屋の電気を消した。


そこからが大変だった。部屋の電気を消すと、なぜか顔を舐めてきて、その後すぐに泣き始めた。泣き声は段階的に大きくなり、3分もするとかなり耳をつんざくようになってきたので、抱っこして歩き回ってみたが逆効果だったようで胸あたりを蹴ってさらにわめく。いったん電気をつけて、寝かしつけ中断。その後少し泣き止んだが、一度泣くと機嫌はよくならず、すぐにまたギャン泣き。どうにもならなくて、絵本を出して読んであげることにした。絵本には食いついて読んでいる間は泣き止むのだが、いかんせん絵本は短い、読み終えるとまた泣く。2回目読んでも泣き止むことはない。一向に機嫌は良くならない。たぶん眠たいのだか、眠ることができないのだろう。泣き止まない状態ではあったが、このまま妻が帰ってくるまで泣き続けると近所迷惑にもなってしまう、一旦絵本を赤ん坊に預けてミルクを作ることにした。140mlのミルクを一気に飲み終え、また泣く。とことん付き合うしかないかと思い、とりあえずオムツだけ替えようと赤ん坊を上向きに寝かせてオムツを替えている間に赤ん坊は寝た。


大変だった。もうすぐ妻が帰ってくる。
 

タピオカミルクティ

おそらくは全国的に人気になっている台湾のタピオカミルクティ。僕が初めて飲んだのは、中2で台中へショートステイに行ったときだったが、一見ぶよぶよとでかくて気持ち悪そうなタピオカを飲むということが初めてで新鮮で、それにめちゃくちゃ甘いミルクティに感動したものだった。暑い台湾の夏には、タピオカミルクティの甘い味とタピオカミルクティというその響きがよく似合う(とそのとき思った)。それ以来何度か台湾に行っているけれど、タピオカミルクティを飲んだのはその時だけで、以降口にすることはなかった。台中名物のお菓子である太陽餅は行くたびに食べていて、今では台湾といえば太陽餅という感じがしている。


福岡にも何店舗かタピオカミルクティの店ができている。そのうち春水堂は台湾でも有名であることを知っていたのだが、ゴンチャという店がいつ見ても並んでいて、パルコの地下という天神の改札を出てすぐのところにあるから、横目に見ながら少し気になっていた。中2の夏のタピオカミルクティ。もう味は忘れていた。


この間、いつもは並んでいるゴンチャの目の前を通るとあまり並んでいなかった。赤ん坊と一緒だったが、これだったら並んでもあまり時間はかからないだろうということで、並んでタピオカミルクティを購入した。


最後に口にしてから20年以上経過している。中2の台湾での夏の味が口に広がった。あの夏Dragon Ashがブレイクして僕もよく聴いていたし、椎名林檎も聴いていた。どちらのCDも台湾で購入した。そういえばOasisのCDも買った。台湾ではなぜかCDをたくさん買って、音楽の幅が広がったような記憶がある。甘い味が口に広がったらすぐにぶよぶよのタピオカがやってくる。思ったよりも少し大きい気もするがこんなものか。美味い。懐かしさもあるだろうが、単純に美味い。妻も美味いと言っていた。


もう30過ぎのおっさんになったが、これは並んで買いたい。インスタ映えなんでどうでもいいが、若い子の後ろに並んで買いたい。若い子が並んでいるのを見て飲むのを躊躇している人がいたら、一度飲んでみてほしい。甘いものが好きだったらたぶん好きだし、タピオカの感触はクセになる。鮮度が命だ。数時間経過するとタピオカは固くなってマズくなる。


書いているうちにまた飲みたくなってきた。

2019/05/21

生後320日目。
赤ん坊の表情はより一層豊かになって、いろんな顔をするようになった。会社にいるときにも妻が写真を送ってくるのだが、多くの場合がかなり面白い顔をしていて笑いそうになる。


基本的に赤ん坊(娘)の顔は霜降り明星せいやに似ている。あとはかまいたちの山内。少し芸人寄りだ。破顔して笑うと朝青龍に似ているし、顔の輪郭はカールおじさんだ。今日送られてきた写真はシュレックだった。眉毛が繋がっているからたまに加藤諒にもなる。全部男性なのが不思議だ。顔が濃いからなのか。


リビングの本棚の一番高いところにも手が届くようになってきて、僕の本がどんどん荒らされるようになってきた。本そのものはまだ無事だが、帯はほぼ全滅だし、背表紙もくしゃくしゃのものがいくつかある。大事な本は自分の部屋に移動させないと、近いうちにたぶん中身が破られることになる。
大きさの問題ないのか、小説の文庫は攻撃の対象の優先順位としては低めで、単行本か漫画が攻撃の対象となることが多い。特に漫画は紙質もお好みのようだし、中身が絵なので、いくら元に戻してもまた引っ張り出してくしゃくしゃにしてしまう。漫画もできれば紙で読みたいと思っているが、これからは電子書籍にしていくのがいいのかもしれない。電子書籍で読むことができるというのは本当にありがたいことだ。   


他人にとってはどうでもいいことかもしれないが、こういったことこそが僕自身が読み返したときに面白い日記となる。最近気づいた。そんなことをわざわざブログとしてアップする意味はあるのかと言われれば、ブログという形でないと続かないのだから仕方がない。読まれる前提ではなく、読まれる可能性があるというだけで、なんとなく続けないといけない気持ちになる。カフェで勉強するようなものだ。読んでくれる人がいればそれはもちろん嬉しいことではるけれど、読まれる可能性だけでいい。共感はいらない。だからいかがでしたかとは書かない。順序立てないし、まとめも書かない。わかりやすい情報を書くつもりもない。ただありのままの生活と感じたことを記録していくだけだ。

Circle2日目 2019/05/19

Circleで昨日観た素晴らしいライブのことが今日も何度も頭をよぎる。どのライブも素晴らしいものだった。


ラインナップが発表されたときから、またトリが細野さんであることが発表されてからより一層、今回のCircle2日目は細野さんのための1日になることははっきりとわかっていた。去年までは細野さんは夕方あたりが定位置、毎回少し眠たそうにしていて、いつもあっさりとライブを演って終わる印象だった。今回はトリの時間だから眠たそうということは多分ないだろうし、アンコールも含めると少し長く演ってくれるだろうだし、例年とは違った感じになるだろうことが予想された。


Circleの良いところでもありちょっとなぁと思うところでもあるのだが、Circleは大きめのステージと小さめのステージの距離が近いことから、交互にライブが行われる。大きめのステージが終わると観客は皆一斉に小さめのステージに移動し、終わると大きめのステージへと移動するこということが繰り返される。観ようと思えば全てのライブを観ることができるというのはいいことなのだが、なんというのかがっついた気分になって疲れてしまう。歳のせいもあるが、休みどころを考えなければトリの頃にはぐったりしてしまう。今回のラインナップが発表されたときに困ったなぁと思った。最初から最後まで全部観たい。こんなことは初めてで、しかも雨が降る確率が高かったから、トリの細野さんに向けてどう体力を温存していくか考えながら行動しないとなぁと思った。Circleは毎年人が多くなっている。僕の周りでも何人も行くという人がいたので、昨年以上に人が多いとなるとかなりキツくなるだろう。


ところが、いざ昨日Circleに行ってみると、全くガツガツすることなく全てのライブを楽しむことができた。上述のすべての心配が杞憂に終わったのである。
最後の細野さんまでどのミュージシャンも自然体でライブをしていたから、観ているこっちもリラックスしてライブを観ることができた。おそらく会場にいた時間の半分くらいは、座りながらゆったりとライブを観ていた。
あれだけの豪華ラインナップにかかわらず、驚くほど人が少なかった。体感では昨年の半分以下くらいだった。ライブが終わってもう一方のステージに向かっても前の方に行くことができた(行かなかったけれど)。  それとかなり大事なことだが、スマホでステージを撮影している人が少なかった。撮影している人がいても係の人が注意していた。後ろで観ていてもスマホのうざったい画面が目に入ることもあまりなかった。
天候が最高だった。雨はほとんど降ることなく、降っても小雨。ずっと曇っていたから、暑くなることもなく、快適な状態で1日を過ごすことができた。


環境としては、ベストに近い状態だったのである。


ライブについては、昨日の日記でも書いた通り。高橋幸宏のSaravah!再現ライブがあまりにも素晴らしかったから、今更だけど今日Saravah Saravah!のレコードを買った。まりんさんのDJが細野さん愛に溢れていて感動的だったから、あやうく細野さんのフィルハーモニーのレコードも買いそうになった。お金があったら買っていた。来月に持ち越しだ。遠目から観ていたから勘違いかもしれないけれど、DJの最後にまりんさんは口元に人差し指をあてて、しーっと言っていたように見えた。その時点で察しはついたけれど、「この次はモアベターよ」。トリの細野さんへのバトンパスが、銀メダルを取ったときの陸上男子400メートルリレーのようだ。で、最後の細野さんのHochono House、ブギウギからの『Absolute Ego Dance』。単独ライブだったらわかるが、フェスでこんなにも流れとしてパーフェクトなものになるのだろうか。
その他、Never young beachは新譜が良かったから楽しみにしていたのだが、安部くんがとても盛り上げ上手で、ライブ自体も映像で見た過去のものよりもずっと上手だった。曲順も良かったと思う。久しぶりの青葉市子ちゃん、中村まりさん。安定して良いキセル。細野さんと矢野顕子のモノマネが秀逸だった清水ミチコ


僕が見た今までの細野さんのベストライブは2016年の門司ブリックホールでのライブで、それは今も圧倒的にベストであることに変わりないが、昨日のライブもおそらくずっと記憶に残るものになることだろう。
いつもいつものわがままだが、行かせてくれた妻と赤ん坊に感謝したい。