Life Itself

生活そのもの

2019/02/18

今年の初めには、年末年始の特番消化のために結構テレビをつけている時間が多かったが、最近では『まんぷく』や『ゴリパラ見聞録』を観る以外にはあまりテレビをつけていない。つけていても、BGMとしてつけているだけで本を読んでいる。
Netflixの『アンという名の少女』については、最近妻がハマって、今観ることができる分はすべて観ていた。僕はというと、まだシーズン1の2話目までしか観ていない。観たいなぁと思っているのだけれど、ドラマを観るには何だか腰が重い。集中して観たいドラマなので、時間があるときに観たいと思っている。
 
赤ん坊のことがあるから、今後は僕らがテレビを観る時間はもっと減っていくかもしれない。それで問題はなさそうだ。『まんぷく』が終わってしまったら、『ゴリパラ見聞録』以外に観たい番組はない。NHKの番組をチェックして、たまに観るくらいだ。あー、『ひよっこ』の特番は観たいかな。
テレビを観る時間が制限されたら、それはそれで他に時間を使うことができる。今は日記を夜に書いているが、もう少し早く書くこともできるようになるだろうし、日記以外のことも書くことができるようになるだろう。本を読む時間が増えるのは嬉しいことだ。赤ん坊はどんどんできることが増えているから、一緒に遊んでいても、見ているだけでも楽しいし、もう何をするかわからないから、少しも目を離すことができなくなってきている。
 
これから、家の中の環境ががらっと変わりそうだ。それで僕はあまりテレビを観ることができなくなるけれど、その生活を覚悟しつつ、楽しみにもしている。
 
そういえば、ダイナソーJr.の曲が洋楽チャート1位になっているようで。なんでも、テレビ番組『ガチンコ』(懐かしい。竹原慎二のボクシング企画のものとかよく見ていた)がYou Tubeに大量にアップされたことがきっかけだそうだ。ダイナソーJr.フジロックで見て、単独にも行った。単独ライブには大学時代に友人と一緒に行ったのだが、その友人が気分が上がってライブ直前に飲めない酒を無理やり飲んで、ライブ中にぶっ倒れた。僕含めた周りの人みんなに抱えられるような倒れ方だった。そんなことがあったから単独ライブの記憶はほとんどない。フジロックのライブは素晴らしかった。
しかし、ダイナソーJr.の曲が売れるなんて不思議だ。意外にキャッチーで聴きやすいけれど、万人受けはしないと思っていた。10年くらい前にはThe WagonのジャケットのTシャツを着ていた若者がよくいて、友人も着ていたから、ダイナソーJr.のことを知っていて着ているのか聞いたら全く知らないと言っていた。どんな理由であるにしても、ダイナソーJr.の曲が売れるというのは何だか喜ばしいことだ。ダイナソーJr.が売れていると聞いて、倒れた友人のことや10年くらい前のことをいろいろと思い出した。